舞妓さんの着付け

化粧が終わった舞妓さんは続いて着物を着るわけですが、着物は帯も合わせると5キログラムもあるため一人で着ることができません。
そのため男衆(おとこし)さんという着付け専門の男性に着せてもらうことになります。
手なれた男衆さんの手にかかると約10分で着付けが完成します。
また舞妓さんの体型に合わせた着付けが出来る男衆さんに着せてもらうことで長時間着崩れず、また舞妓さん本人も苦しくなく着ていることが出来ます。

一覧に戻る