舞妓さんの化粧

舞妓さんは白塗りといわれる白いおしろいを手鏡を持って自分で化粧していきます。
これはその昔、ろうそくの暗い光のもとでも艶やかに見えるようにということで考えられた演出方法です。

一覧に戻る